TOEIC 転職

MENU

TOEICを活かして転職|口コミ体験談

せっかくTOEICで高得点なのに仕事に活かせていないという方は多いのではないでしょうか。
そこで転職を考えている方も多いと思います。
たとえば外資系企業やグローバル企業ということが挙げられますが、そういった企業で働いていても部署によってはTOEICを全く活かせないところで働くはめになったという方も多いと思います。
転職では企業を選ぶのも大事ですが、入職してからどういった仕事をするのかということがとても大事です。
転職を失敗しないようにするのに転職支援サービスなどを利用すると納得のいく転職ができる可能性が高いのではないでしょうか。
そこでおすすめの転職求人サイト(転職支援サービス)などを紹介しています。
TOEICを活かした仕事をしたいという方の参考になれば幸いです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートグループの転職支援サービスです。
リクルートということで知名度は抜群ですね。
リクルートエージェントでも外資・グローバルにも力をいれているようです。
当然求人数も多いですし、外資系企業などTOEICを活かせる求人も多いと思います。
80%以上が非公開求人ということでそこにも良い求人が眠っている可能性が高いのではないでしょうか。
コンサルタントに求人を紹介してもらったり、サポートしてもらうことで良い転職ができるのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒リクルートエージェントのグローバル

JACRecruitment

JACRecruitmentは外資系や海外転職向けの転職サービスです。
上場企業で知名度実績もあります。
総勢400名のコンサルタントに求人数も豊富です。
キャリアがありステップアップしたいとう方は利用してみてはどうでしょうか。
TOEICを活かした仕事に就きたいという方も利用してみてはどうでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒JAC Recruitment

Daijob.com

Daijob.comは外資系企業や海外転職を考えている方におすすめの転職サイトです。
そういった求人を多く取り扱っています。
さらに、他の人材紹介会社の求人の検索や応募ができるのも特徴です。
英語での履歴書登録もできますからTOEICを活かすならDaijob.comはおすすめです。

type

typeは外資系企業の求人も多く、おすすめの転職支援サービスです。
コンサルタントの満足度も高く、どういった求人がよいのかわからないという方や転職に不安を感じている方は利用してみると良いと思います。
東京など首都圏も方におすすめです。

TOEICを活かせる仕事とは

TOEICを活かせる仕事とは、いろいろありますがやはり大前提はスコアが高いことだと思われます。
900点台以上が口頭英語運用能力があると一般的には言われますが、900点以上あってもほとんどしゃべれない人、逆に半年以上の留学の経験があり、日常会話では問題がなくても700~800点台の人もいます。
読む能力、書く能力だけでなく、話す能力、聞く能力もバランスよく向上することが大切です。 
必ずしもTOEICの点数が高いと就職で有利になるというわけではありません。
外資系の会社では、英語の面接があるためTOEICのスコアがあまり重要視されないこともあります。
しかし、まったく意味がないというわけではないし、英語ができればほかの面でも役に立つためやっておくのがいいかもしれません。 
TOEICを面接に役立てるのは大切ですが、最低限の会話ができるレベルが600点台くらいといわれているため、点数が低い場合は履歴書に書くことが逆効果になってしまうため、注意が必要です。
外気系企業求人に関してはこちらを参考にしてみると良いのではないでしょうか。
>>外資系企業求人比較

更新履歴